お宮参りとお食い初めは一緒のタイミングでしてOK?

赤ちゃんと環境

出産後、意外と行事が目白押し(笑)

やるやらないはありますが、

両家の意向や思いもありますので、様子を伺いましょう。

 

ちなみに私はお宮参りお食い初めもしました!

でもそんなに大げさでなくあくまでもカジュアルに(笑)

 

初めての子だからしたのもありますが、

赤ちゃんにとってというより、

親としてしたかったという思いが強かったかな(笑)

 

案の定その時の写真とかも

かなり思い入れで気合入っています(笑)

けっこうなお値段しました(笑)

 

でも、うちの両親にとっての内孫だったので、

おじいちゃんおばあちゃんとしても

経験させてあげたかったのもありますね。

 

今回は、お宮参りのこと、お食い初めのことそれぞれと、

お宮参りお食い初めを一緒にしていいのか?

するならどうしたらよいかをご紹介しますね。

 

お宮参りとは

[quads id=1]

お宮参りとは、生まれたばかりの赤ちゃんを

土地の氏神様に参拝させるということが目的です。

 

新しい氏子として祝福をうけるためのものです。

 

昔は、穢れとされていたお産の忌明けとしても

行う行事だったんです。

 

なんか意味合いとしては、

無事に生まれてきてくれてありがとうございます、

無事に出産を迎えさせてもらいありがとうございますの

感謝を伝えに行くイメージですよね。

 

お宮参りの時期としては、

一番は出産後のお母さんの体調を鑑みてがよいですね。

だいたい1カ月後でしょうか。

 

赤ちゃんとしても外に連れ出すタイミングも、

季節がありますので、1カ月後以降というところでしょうか。

 

わたしはちなみに2月出産だったので、

家の神様とお墓には1カ月後に行きましたが、

お宮参りは1カ月半くらいにしました。

 

すこしあたたかい兆しが見えてきたころにしておきました。

地方なので雪もありましたし!

 

今は近い神社さんや自分の思い入れがある神社さんで

行う人が多いのですが、

本来は地域の氏神さまお宮参りをするのは

基本とされています。

 

そしてこの日の流れとしては、

記念撮影とあいさつ回りを兼ねて行うのであれば

長丁場となります。

 

ちなみに私は、お宮参り→記念撮影→挨拶まわりでした。

 

赤ちゃんのことも考えて撮影は別日の人も多いようですね。

 

お食い初めとは

お食い初めとは

一般的に「100日祝い」と言われていますね。

 

平安時代からある行事なんですよ!

 

一生食べる事に困らないようにと合わせて

赤ちゃんの健やかな成長を願う行事です。

 

お食い初めというだけあって、

箸を使ってお魚を食べるのがメインです。

赤ちゃんが実際に食べるのではなく、食べ真似をする、

口まで運ぶしぐさを親がするというような感じです。

 

お祝い膳としては、

一汁三菜という基本が昔からの云われです。

鯛など尾頭付きの魚、赤飯、吸い物、煮物、香の物

基本スタイルです。

 

でも献立にかんしては地域でかなり違いますので、

その地域でのもので準じるのが良いかと思います。

 

現代は、通販などでセットものを

用意してくれるところもありますし、

仕出し屋さんにセットとして

扱っているところも多いですよ!

 

そして100日にはお食い初めとは別に、

一升餅と言われるものをかついだり、

ものとりを行うところもありますよね。

 

私はフルコースでしましたよ!

お食い初め~一升餅を足で踏んでおしりにペタン。

カードタイプのものとりをしました。

 

どれも準備は通販で揃え、

お食い初めだけは祖母が作ってくれました。

お宮参りとお食い初めを一緒にするには?

前述したように、すべてをしようとするとかなり長丁場です。

 

ママの産後の体も、赤ちゃんの疲れも心配です。

 

ですので、一緒にするならお宮参りお食い初め

あいさつ回りだけをセットにして、

記念撮影と一升餅などのイベントは

別日設定が良いと思います。

 

特に季節が冬や夏だと気温も極端なので、

赤ちゃんの体調が心配ですし、

自分の頭で描いているスケジュールでいくことは

赤ちゃんがいる身ではとてもむずかしいです。

 

赤ちゃんが眠くなる、お腹が減る、不機嫌になる・・・。

あくまでも赤ちゃんのペースが理想です。

 

お宮参りお食い初めを一緒にするのであれば、

まず午前中にお宮参り、昼食に合わせてお食い初め

もしくは昼食でお食い初め

午後からお宮参りがよいですね。

 

もしお食い初めをおうちで行うのであれば、

一升餅やものとりをしても

負担にはならないかもしれませんね。

 

お写真だけは違う日がよいかもしれません。

 

両祖父母も関わってくることですので、

よく話し合って時間と日程の調整をしましょう。

 

まとめ

お宮参りお食い初めは一緒にして大丈夫です。

 

ただ、赤ちゃんとママの産後の体調、

この二つを一番考慮してください。

特に季節柄が夏や冬などの時は、

おもわぬことで体調を崩します。

 

そして一番最初に神社に時間を調整することから始めて、

それに合わせて

お食い初めの時間を設定するとスムーズですね。

 

お祝い事なので、

無理はせずみんなで楽しめるような計画にしましょう。