イヤイヤ期ご飯もイヤ!!お菓子ばかりで心配・・・ このままで大丈夫?

幼児期の関わり

すっごい不思議ですが、大人もそうなのが別腹(笑)

 

こどもにもその別腹ってあるんですね(笑)

 

もうお腹いっぱいでご飯食べられないというから、

たくさん残しているけどOK出して

無理しないでいいよと言ったのに、

その場でお菓子を食べ始める・・・

 

おもわず吹きだしたのと、

いやお腹一杯じゃないんかいって突っ込みました(笑)

 

母も同じなので文句は言えなかったですが、

母はご飯を食べてからプラスで食べるだけで、

ご飯を食べないわけではない!

 

毎日息子に、ご飯食べたらお菓子食べていいよと

伝え続けているのに、

ご飯はイヤ!もう食べれない!でもお菓子は食べる・・

 

ほんっとイライラしますよね、体も心配になるし。

 

今回の記事は、

イヤイヤ期にご飯を食べないで

お菓子ばっかり食べていて大丈夫なのか?

イヤイヤ期にご飯をうまく食べさせる方法などなどを

ご紹介していきますね。

 

イヤイヤ期にご飯がイヤ!食べなくて大丈夫?

[quads id=1]

まだ2歳前後なので、食べムラがある時期ではあります。

 

そしてこのイヤイヤ期のご飯もいや!は

決してご飯はイヤなわけではありません(笑)

 

うちの息子もずっとめっちゃ食べる子だったのに

急に食べなくなって、体重も増えないし、

心底心配しました。

 

約3カ月後からかな?

また普通に食べるようになりました(笑)

 

もうですね、ご飯イヤなわけでなく、

例えば親が食べなさいとか、

食べないと〇〇などいうので食べないという

完全なる反抗期(笑)

あと、他にしたいことのほうが

興味があるので食べたくない。

 

正直、この時期はある程度ママも

割り切ってしまいましょう!

どうしようもない!

 

数回の食事くらい抜いても大丈夫

わたしもこういう風に考えた途端、

息子からおにぎり食べたいと言い出しましたし(笑)

 

そのほか、野菜ジュースなど

作って飲ませていましたよ!

 

どこかでうまく栄養補助してあげれば

食べなくても大丈夫です!

 

ご飯食べないでお菓子ばかりの子、大丈夫?

そしてご飯を食べないのにお菓子は食べる・・。

栄養の偏りもかなり心配だし、

糖質依存なども心配ですよね。

 

お菓子を食べるならそのお菓子

健康食品系にしましょう。

せめて無添加無着色無香料など、

しっかりチョイスしましょう。

 

できるのであれば手作りをしてあげたり。

 

ご飯の内容と少し被りますが、

補助的に野菜ジュースなどで補っておきましょう!

 

間違ってもお菓子ばかり。

と怒ったりすると逆効果です。

禁止にするのも逆効果で必ず反動がきます。

 

できるだけお菓子として食べても体に害のないもの、

もしくは手作り栄養の考えられたお菓子などに

するとお母さんとしても安心なのでは?

 

イヤイヤ期の子にご飯を食べさせる方法

私もたくさんの方法を試しましたよ(笑)

 

キャラクターの顔、形にする、

食器を好きなキャラクターにするなど。

それでもすこしは食べてくれたけど

うちの子は気が短いため、速攻飽きます(笑)

 

その中でも飽きなかった、今でも通用するのが、

食べる場所を変える事。

すこし・・いやかなり面倒なのですが(笑)

 

今日はピクニックだから下に敷物をひいて食べようよと、

いつもと違う場所で食べる。

そうするとうちの息子は効果てきめん!

お代わりまでしましたね。

 

実家で食べる事、外で食べたり、

人形を並べまくって食べたり、

マックのドライブスルーごっこして食べたり(笑)

 

私も余裕がないとできなかったですが、

この場所替え方法は一番うちの息子には効果的でした。

 

他には女の子であれば一緒に料理したり、

お手伝いさせると興味をもって食べ始める子も

多々いるようです。

 

食事のリズム

このイヤイヤ期のタイミングで

少し落ち着いてきたときから

しっかり食教育をしていきましょう。

 

生活のリズムとして食事の時間は

親に合わせるのではなく、決まった時間に習慣付けすること。

これも食べムラを無くす方法です。

 

ちなみにうちの息子は私に合わせると

やはりお腹がすくピークが過ぎてしまうようです。

もう少し早い時間にあげるとたくさん食べます。

 

それがわかってからは、

保育園から帰ってきてまもなくおにぎりを食べさせます。

みんなで食事するときは主食は本人の希望にしています。

やっぱりお腹すいているんですよね、夕方。

 

食事の時間を整えていくことと

同時に食事中のマナー決まり事を癖付けさせます。

 

  • 食べているとき立ち上がったらもう食事は終了とみなす
  • 食事に集中するためTVは見ない
  • いただきますで始めごちそうさまでないと終わらない

 

などなど。

 

あまり多すぎず、がちがちすぎずですが、

大切なことはこのタイミングでお伝えして、

癖付けさせましょう。

 

まとめ

イヤイヤ期は何もかも大変、ご飯も一苦労・・。

もうこの際、諦める事は諦めて、

できることをしていきましょう。

いつかこの時期は終わるので(笑)

 

栄養不足にならない程度に

補助食品をうまく取り入れながら乗り切っていきましょう!