子供との旅行、楽しめるようにするには?

幼児期の関わり

子供と旅行思い出作りに欠かせない行事ですよね。

 

昔独身の時に旅行先を選ぶなら、

めったに食べられない食事や、

最高の温泉、景色、など

大人ならではの楽しみで選んでいたものが、

もう最近は、子供が喜ぶのは・・

を自然と探している自分に、

あー母親になったなあと(笑)

 

私はひとりものの時から旅行が大好きなので、

たくさんの土地へ行きました。

 

ですので、そういうのを探すのは

得意になっています(笑)

 

なので、今回は、子供と一緒に旅行して楽しめる場所、

旅行を楽しむためにはなど、

子供との最高の思い出を作れるように紹介していきますね。

 

子供が旅行で機嫌を崩すとき

[quads id=1]

せっかくの旅行、子供が機嫌を損ねたら、

親も大変になり、一気に暗黒ムード漂いますよね(笑)

 

旅行において子供が機嫌わるくなる時を紹介してみます。

 

■乗り物酔い

これはかわいそうなんですよね、ほんと。

自分に乗り物酔いの経験がないと

あの気持ちはわからないし、わからないと大人は

その子供にイライラします。

 

ですので、事前に乗り物酔いの薬を持たせて

かならず事前に飲むことです。

 

乗り物酔いとはほぼほぼなんですが

気の持ちようなんです。

薬のんだから大丈夫と思えば

もう大丈夫なんですよね(笑)

 

大人がイライラしないためにも、

子供の体調をくずさないためにも、

乗り物酔い止めは持っておきましょう。

 

■何かをして親に叱られるとき

旅は、子供にとってもウキウキわくわくなので、

少々調子に乗ったり、ハメを外します。

 

それでいつもどおり叱られたら

一気に機嫌を損ねてしまいます。

 

できるのであれば、旅行の間は、

よっぽどのひどいことが無い限り、

親が叱ることを我慢しましょう。

 

そして子供には人に迷惑をかけないことだけ

しっかり伝えておけば、

よっぽどのことが起こらないと思います。

 

子供との旅行の鉄則は、

親が少し我慢することだと持論で思っています。

旅の思い出は笑顔と笑いが一番ですからね!

 

子供と旅行を楽しむポイント

親が子供を旅行に連れていくのではなく、

親と子どもで旅行を楽しむということを

基準に計画したほうが絶対良いんです!

 

親も一緒にアスレチックする、

親も一緒に乗り物に乗る。

大変なんです、よくわかります(笑)

 

でも、一緒に乗り物に乗ってくれるのも

いつまでなんでしょう・・・

意外と子育て期間は短いですよ。

あと5年もしたら旅行も一緒に行ってくれない・・・。

 

と思うので、一緒に楽しめるところを

チョイスするのが一番!

 

なのでディズニーやUSJなど

テーマパークは王道人気ですよね!

親も子も楽しめますもんね。

 

そしてもう一つ、現代ならではのポイント。

 

旅行先にはゲームを持たせない、

親も携帯は見ない!ということです。

 

ふつうにいるんですよ、

ホテルとかでスイッチしているとか(笑)

 

気持ちはわかるし、親も楽だしいいんですけど、

おうちにいる時にできることを旅行先でするのは、

時間がもったいない!

 

ですので、ぜひスマホ、

ゲーム機禁止旅行にしてくださいね!

 

私にはできないのですが、

私の友達が毎回している尊敬すること。

旅しおりを作ってるんです!

 

学生の頃などしおりがもらえると

本当にウキウキしました。

行く前からもう旅行気分なんですよね!

 

それをこどものためにせっせと作ってる!

すごいと思います。

 

そこには簡単なスケジュール、

約束事など書いてあるんですが、

これなら子供も守ってくれそうだしいいですよね!

 

子供との旅行を成長の場にする

子供は環境が違うところで、

ものすごく吸収力が高まるんです。

 

例えば、私の友人の子は5歳にして

特定の漢字が読めます。

それは、車のナンバーの県名。

 

いつも旅行は車だったので、長時間乗ります。

そして高速道路に乗るので

いろんな県のナンバーを見ます。

 

いつもこれなんて書いてある?と

聞いてきたのをある年齢を境に

自分で読むように(笑)

形で覚えたんでしょうね!

 

このように少しのことで知育になったりします。

 

旅先で触れる物や見るもので、

ぜひいろいろ教えてあげてください。

きっと普段の生活では勉強はいやだけど、

旅行先なら楽しんで覚えてくれますよ(笑)

 

ちなみに甥っ子は、

日本地図を7歳で全国覚えていました。

それは電車旅だったので、

行く前に地図をみてなにげなく言っていたら、

旅行のたびにチェックするようになって、

いつのまにか覚えたとのこと(笑)

 

棚ぼたの勉強ですね(笑)

 

まとめ

子供との旅行は本当に貴重です。

実際相当疲れますけどね(笑)

 

でも今しか行けない、いまだから作れる思い出

そのために重い腰を上げて行くのです(笑)

 

でもせっかく行くなら子供も上機嫌で、

大人も楽しめるところに行きたいですよね。

 

子供との旅行は、心構えが必要です。

大きくかまえてなんとかなるさと、

旅行中はずっと笑顔でいられるように、

計画段階から考えておきましょう。

 

きっと旅行先の思い出を数十年たって話した時、

最高の思い出になっていること間違いなしです!