子供にスマホを持たせること後悔先に立たず・・・

赤ちゃんと環境

もう、この世の中、スマホがないと

なんにもできないですよね。

 

私も決済、通帳管理もスマホなので、財布を落とすより

スマホ落とすほうが怖いと思ってきているところです。

 

大人でも便利と思えることもあれば

やはりリスクも大きいですね。

電子なので、壊れる可能性もあります。

 

大人でもこのような状況で、

子供にスマホを持たせることはどうでしょう?

 

とても難しいテーマですよね。

メリットデメリットも極端に幅が大きい。

 

今回は、子供にスマホを持たせるメリットデメリット

後悔したこと、そして注意する点など紹介していきますね。

 

 

子供にスマホを持たせるメリット・デメリット

[quads id=1]

メリットとしては、

  • 親が子供の居場所を把握できる
  • 親子ともにお互いすぐに連絡を取れる
  • スマホで遊んでくれる時間で親が家事をできる
  • 子供同士の付き合いができる
  • サイトを選べば知育もできる

 

特に親がスマホを子供に持たせる大きな理由は、

居場所の把握と、何かあったときの連絡が

すぐ取れることの2点があります。

 

親子ともに安心感につながるツールにもなります。

 

デメリットとしては、

  • ゲームなどをして勝手に課金するリスク
  • ゲームばかりする心配
  • 目が悪くなる
  • 親の見えないところでの友達との関係が把握できない
  • 有害なサイトに行きつくことへのリスク

 

昨今、ニュースにもなりましたが、

身近でうちの甥っ子もありました課金のリスク。

 

子供の年齢によりけりですが、

わかっていてやる子供、

わからないでボタンを押して知らぬうちの課金。

 

うちの甥っ子に関しては後者で、知らなかったんですね。

ただ、そのボタンをおしたらどんどん

キャラが強くなるから、楽しくて押しまくる(笑)

 

途中でアップルから5000円使いました的な

メッセージが親の携帯に来て発覚。

 

まだ5000円で済んだほうですよね。

ニュースでは子供はわかっていてやって

100万近くの損害まで出ていました。

 

怖いことですよね。管理していると思っても、

すり抜けて課金している状況。

 

今は買い物などにおいてカード番号を

記憶させている方も多いので、

簡単に決済できてしまうリスクも大きいですよね。

 

 

ゲームの時間なども親が管理できる

状況にはなっていますが、

それでも使い過ぎという状態が

日本で警告を鳴らされていますよね。

 

 

スマホを子供に持たせて後悔したこと

 

前述しましたが、課金系の後悔は

何件もの家庭で発生していますね。

その他どんな後悔が実例であるのでしょうか。

 

私の友人の子供のお話なのですが、小学校二年生です。

スマホゲームを友達と繋がっていて、

一緒に何かするという系のものをしていたそうです。

 

そしてゲーム上で喧嘩になって

次の日から学校で無視をされたと。

 

親もそのことを知らず、数日暗かったので聞いたら

そういうことが起きていたとのこと。

 

ゲームだけではなく、

ソーシャルネットワーク系でも

もう少し年齢層の高い子供ではおきていますよね、

いじめ。

 

これの怖いところは、親が見えていないというところです。

得てしてこういう系の話は、あまり子供は親にしません。

 

私の友人の子供のことは、

それ以上のいじめなどには発展しませんでしたが、

とても怖かったし、持たせたことを

後悔したと言っていました。

 

子供は自分から操作を覚えていくので、

親が思っている以上に深みにハマりやすい。

 

赤ちゃんでさえ、スクロールできる世の中ですからね。

 

もうひとつは、小学生にすでにたくさんの

スマホ人口があることを大人は知っています。

 

それでよからぬ大人が子供と繋がりを

もとうとネットを駆使して、

誘拐に近い連れ去りなどもあります。

 

子供の判断能力は低い。

自分にメリットがありそうであれば、軽く気持ちが流れ、

親にそういうことは言わずに行ってしまいます。

 

子供が自分からしなくても、

大人から近づいて来るというケースもあります。

 

まさか自分のことに限って・・

これがなにか事件の起きた時の親の言葉ですよね。

 

 

スマホを子供に持たせるときの注意点

 

それでもママも働いていたり、

周りの子供がみんな持っていたりで、

持たせなければいけないということは大いにありますし、

悪くはないと思います。

 

ですので、注意点を洗い出し、

しっかり最初に子供と約束することと、

親が管理できるようにしておくことです。

 

①    自動電源OFF機能の設定

ゲームの使用時間を管理しておきます。

夜に使えないようにもしておきます。

 

②    スマホの使える機能の制限

小さいころはもう電話機能のみ。

電話も親、祖父母の分を登録して、

それ以外の番号は出ないということ。

 

③    定期的スマホチェック

親が2日に1度はスマホのチェックをして、

使い方を履歴などから見て把握すること。

 

約束事は、

使用する時間、

電話は誰からのものを出るのか、

友人とのやりとりの仕方、

何かあったら必ず報告しないととりあげにすることなど、

きちんと本人に理解させ、

破ったら取り上げを徹底することが大事です。

 

まとめ

スマホを子供に持たせるうえでの

メリット、デメリットを把握し、

まず持たせる必要があるのかどうかを検討します。

 

その後、持たせるのであれば、親の管理と

子供との約束をきちんと与える前にすること。

 

もちろんスマホが悪いことばかりではないです。

使い方を正しくしさえすれば大事なツールなので、

良い活用をしていきましょう!