赤ちゃんがお風呂でギャン泣き!どうしたらいい?

赤ちゃんと環境

赤ちゃんの沐浴や入浴、

私個人的にはとても好きでした。

 

うちは男の子なので、

もう気持ちよくておっさんみたいな顔になるのが

たまらなかったです(笑)

 

でもそれがギャン泣きとなると

お母さん参りますね・・。

 

赤ちゃんが気持ち良いと思って、

清潔に!と思ってしてあげても、

泣かれると辛い・・・。

 

今回は、そんな赤ちゃんの

お風呂のギャン泣きについて、

考えられる原因や対策も含め

ご紹介していきますね!

 

赤ちゃんのお風呂はベビーバス?大人のお風呂?

[quads id=1]

まず赤ちゃんのお風呂デビューは

だいたい生後一カ月後が目途ですね。

ただ生まれた季節により、

夏だとあせもがひどかったり、

冬だと寒いというのがあったり

時期の前後はするでしょう。

 

赤ちゃんの抵抗力の問題と、

ママの体調、コンディション次第です。

 

赤ちゃんの抵抗力といえば、

まだへその緒が乾ききっていない状態だと、

大人のお風呂だと雑菌がはいってしまうなど

心配ごとがあります。

 

だいたい2週間から1カ月でへその緒は乾きます。

 

それとママは産後間もないので、

体調が思わしくないこともあります。

ですので、退院するときにママも

しばらくシャワーでと言われることもあるんです。

 

赤ちゃんとママの状態を思うと

最初はベビーバスがおすすめです。

 

私も最初ベビーバスでしたが、

5回くらいであとは大人で入っていました(笑)

ベビーバス、めんどうくさくて(笑)

 

いよいよ赤ちゃんのお風呂!どうやって入る?

一カ月検診にいくと必ずお風呂のOKかどうかが出ます。

それでOKをもらえれば

季節を考慮してお風呂はじめてみましょう。

 

ちなみに私は息子が冬生まれで

ピークに寒い時期だったので、

リビングの暖房のあるところで

ベビーバスにしました。

 

とりあえずママのお風呂を済ませてしまうか、

ママは別にあとで入るか。

 

一番注意したいのは首の支えですね。

しっかり首と頭を安定させてお風呂に入れます。

 

余談ですが、その支えが安定していると

赤ちゃんも安心なので、大きい手のパパだと

お風呂泣かない説もありますね!

 

そして洗うのはガーゼで対応します。

首やおなかなどの前面から

手足、下半身と順番に洗います。

そして一度泡を落とします。

 

顔回りなどは直接かけず、

ガーゼを濡らしてふき取ってあげましょう。

 

そしてあらためて今度は後ろなので、

胴体を支え背中とお尻を洗います。

終われば流します。

 

そして、バスタブだとそのまま浸からせます。

お風呂に入っているのであれば、首を支えたまま

一緒に2、3分入りましょう。

 

すべての時間で赤ちゃんの入浴は

10分から15分以内にしましょう。

赤ちゃんはのぼせるのが早いのです。

 

お風呂ギャン泣きする原因はどこにある?

前述でお風呂の流れを説明したのですが、

その過程において赤ちゃんにとっては

ギャン泣き要素があるんです!

 

  1. お風呂の温度が熱い
  2. 外気が寒い、暑い
  3. シャワーや水の出が強くて痛い
  4. ガーゼでないもので洗うと痛い
  5. 首やあたまの支えが不十分で不安な気持ち
  6. 泡が不快
  7. においがいや
  8. お風呂長くてのぼせる
  9. そもそも水やお湯にびっくりする
  10. 目や耳などに水が入って不快

 

というように要素だらけなんです(笑)

 

なのでお風呂でのギャン泣き

不思議ではないわけです。

 

その不快理由を取り除くまたは、

お風呂への慣れができれば、

自然と泣かなくなりますよ!

 

特に温度調整や時間は難しく、

冬などは寒くて風邪をひくのではないかと心配し、

ついつい熱いお湯や、長時間浸からせてしまう・・

特におばあちゃんたちが口だしして

そうなることが多いですよね(笑)

 

赤ちゃんの立場になることが必要なので、

赤ちゃんが気持ちよくお風呂に入れるよう

対策をしていきましょう。

 

赤ちゃんギャン泣き理由の改善策

上記1~10の改善策をまずお伝えしますね。

 

1.赤ちゃんのお風呂の温度は

夏は38度 冬は40度が心地よいです。

 

2.外気も特に冬は寒いです。

お風呂場を事前に温めておくことが必要です。

 

3.シャワーのお湯を使うなら、

シャワーはゆるい勢いにしておいてください

 

4.かならずガーゼを使ってください。

痛いのもありますし、肌が壊れてしまいます。

 

5.首などの支えはしっかりしてあげてください。

パパは手が大きいので、

洗うのはパパに任せてもよいかも。

 

6、7は赤ちゃんの体質なので、

石鹸の種類を変えてみてください。

たくさんの種類があります。

 

8.お風呂に浸かるのは長くても4分

赤ちゃんはのぼせやすいです。

 

9.お湯や水にびっくりするのは

慣れしかありませんね!

 

10.目や耳に水が入るのは、入ったらすぐにふき取りです。

しっかり入っていないか、見てあげてくださいね。

特に耳は見落としがちですが、かなり不快になるので、

気を付けてあげてください。

 

その他には、入る前と入った後の水分補給です。

喉が渇いて泣いていることもあります。

 

まとめ

赤ちゃんのお風呂のギャン泣き理由は

多岐に渡ります。

 

ママパパも初めてのことなので

わかるわけないですよね(笑)

 

もしギャン泣きしたときは、

ありそうな理由を考えて取り除いてあげて、

お風呂の時間を気持ちの良い時間になるように、

慣れてもらいましょう!