赤ちゃんがせっかくの旅行で夜泣き・・ しないように対策はある?

赤ちゃんと環境

赤ちゃんがせっかくの旅行で夜泣きするのとか

辛いですよね・・・。

 

お母さんもゆっくりできるはずの旅行・・・

 

夜泣きでずっと眠れないのは辛いし、

周りの部屋にも迷惑かけていないか心配。

 

でも、大人でも枕がかわると寝付けない人もいますし、

外泊では寝た気がしない人もいます。

 

学生の頃なんて、ほとんど寝付けなかった人も

普通にいるのではないでしょうか。

 

それを考えると、赤ちゃんはまだ世間をしりませんので、

家以外のところで寝るのは

いつもと同じ気持ちではないのかもしれませんね。

赤ちゃんが旅行時に寝る時の心理状態って?

[quads id=1]

赤ちゃんだから寝れないというのではなく、

大人や幼児でもよくあることは前述しました。

 

赤ちゃんだとなおさらというだけなのです。

 

旅行というと寝ることに限らず、

赤ちゃんにとったらイレギュラーだらけ。

 

緊張状態がずっと続いています。

 

まずは、いつもの日常とサイクルが違うことへの

不安が眠れない一つの要因です。

 

授乳の時間も違う、授乳の場所も違う、

なんだかいつもと違うことばかり。

 

ですので、寝る事だけへのストレスではなく、

旅行ということ自体の緊張が続いていることを

まずはお忘れなく!

 

そして、実際問題の寝床ですが、

当然のごとくいつもと違います。

まずベッドか布団というだけでも違いますし、

布団の堅さ、重さ、枕の高さが違いますね。

 

そして部屋の広さ、温度、湿度が違います。

 

部屋への入ってくる光の具合も違います。

 

この「いつもと違う」ということで

寝付けなくなって夜泣きにつながるのです。

 

赤ちゃんがお家以外の時に寝るための準備グッズ

それでは赤ちゃんができるだけ安眠できるようにするために、

何か準備グッズはないでしょうか?

 

私の場合、家でも持ち歩き布団セットを

使っていましたので、車移動の旅行は

必ずそれを持って行っていました。

 

いつもの布団、いつものにおい。

 

そうなんです!

けっこう匂いが赤ちゃんには敏感に伝わる!

 

ですので、寝る時の人形やタオルなど

いつも使っているグッズを持っていくと

赤ちゃんも安心できるのです。

 

それと、ホテルや旅館の部屋をなるべく

家に近い状態の温度、湿度、遮光の状態を作ってみる事。

これも入眠には安心効果に。

 

赤ちゃんの夜泣きの対策

そして赤ちゃんが夜泣きしない対策として、

なるべく授乳やごはんなどの時間を

ずらさないように試みる。

 

おうちでずっと過ごしていると

必然的に時間が決まっていますよね。

赤ちゃんはすっかりそのルーティンが

しみ込んでいます。

 

いつもと違う場所でも、

いつもとだいたい同じタイミングで食事などが始まると、

やはり安心感につながります。

 

それとお風呂もなるべくなら赤ちゃんの時は

内風呂にしてあげましょう。

 

大浴場や温泉は少し刺激が強すぎるようですよ。

 

入らせてあげたいと思うのは大人の想いであり、

赤ちゃんはいつものお風呂が安心です。

 

それと上記に記載しましたが、

旅行中使用するものはなるべくいつも

使用しているものにすること。

 

すでに愛着がありますし、匂いなどで安心感も持てます。

 

それともう一つは、夜泣きが心配されることを

先に予測できているのであれば、

ホテルや旅館に一言予約時に伝えておくと

よいかもしれません。

 

事前にまわりに気を使わないでも大丈夫なお部屋など

用意してもらえる可能性もあります。

 

それでも夜泣きするとき

どんな対策をしても夜泣きをするときはしますし、

それをやめさせるのはなかなか容易ではありませんし、

できません。

 

ですので、そうなったときはもうあきらめるしかないのです。

 

だって赤ちゃん自身が一番辛いんですもん。

 

ただし、周りのお客さんとかに

迷惑がかかっていないか心配な時は

一度フロントにお話してみたほうがよいですよ。

 

私実際、そんなことがありました(笑)

 

二日宿泊予定で、一日目順調に寝たので、

油断をしておりました!(笑)

二日目に泣き止まないのです。

 

もうあきらめていたので、ただまわりに迷惑だけが

気になってフロントにお話しすると、

部屋を変えてもらいました。。。

 

やはりうるさかったんじゃないですかね(笑)

 

荷物の移動など大変だったので、

結局二部屋ということになり(笑)

 

寝るのだけもう一つの部屋を使うということに。

たまたま時期的に空いていたので

無料でしてくれましたが・・・。

 

焦りました。

もう一部屋確保するお金は持ってきていないので(笑)

 

こういうこともありますので、

事前の予約時に確認がおすすめです(笑)

 

まとめ

赤ちゃんの旅行時の夜泣きは大変ですよね。

ですので、なるべくそうならないように、愛着のあるもの、

いつも使用のもので持って行ける範囲のものは持参。

 

そして授乳や食事の時間はなるべく同じ時間で、

ひろいところより狭い確保された空間が

赤ちゃんは安心するでしょう。

 

寝床の環境もなるべくいつもの状態に近くしてあげる。

 

そのうえでも夜泣きであれば諦めるしかない!(笑)

ただ、他のお客様のご迷惑にならないよう

店側には配慮できるように事前対策しておきましょうね!