赤ちゃんに雪遊びさせたいけど大丈夫?!

赤ちゃんと環境

赤ちゃんが生まれて初めての

 

触らせてあげたいし、遊ばせてあげたい。

 

私の息子も冬の始めの生まれなので、

外出してOKの頃にはがありました。

 

しかもその年はがっつり積っていたのを覚えています。

 

赤ちゃんや子供に、日本の四季の感覚を伝えるのって

ものすごくいいことだと思うんです。

 

春にはサクラ、夏には海、

秋には落ち葉、冬には

日本はこんなに素敵な四季の移り変わりあるんだよと

感じて欲しい。

 

特に近年は、温暖化です。

私は東北に近いところで、昔は大量のが降っていたのに、

今全然降らないんです。

 

だからこそ、降ったとき積ったときは教えてあげたい!

 

ただ、まだ赤ちゃんなのででの遊びはある?

どんな格好で遊びするの?注意点はある?などなど

赤ちゃんのでの遊び方について紹介していきますね!

 

赤ちゃんとの雪遊びの時の洋服

[quads id=1]

一番いいのは、防水のカバーオールなのですが、

小さすぎてブカブカで、

中に埋もれてしまうかも(笑)

 

ですので、まだ赤ちゃんは歩くこともできないので、

あったかい防寒をして、ベビーカーに乗せてあげる、

または首が座っていれば、

バンボなどでの上に座らせてあげる事が可能ですね。

 

洋服はあったかくて、防水のものであればそれでOK!

 

ちなみに私のいるところは国です。

積った時に赤ちゃんと遊びましたよ!

 

バンボに入れて、

頬っぺたやオデコにを付けてあげました(笑)

 

冷たい!の表情がなんともかわゆい!!!

 

そしてお母さんは、赤ちゃんを抱っこしたりするので、

必ず滑らないブーツ、長くつを履いてくださいね。

 

さらにお母さんは赤ちゃんに合わせて

しゃがんだりしますので、

できれば防水の洋服を身に付けていたほうが安心かも。

 

赤ちゃんの雪での遊ばせ方

 

先ほども書きましたが、

オデコやほっぺに付けてあげる。

これだけでも驚いてかわいいですよ。

 

ふかふかのであれば、下にタオルをしいて

の上に直接乗せてあげる。

 

ダルマを作って見せてあげる。

 

低い滑り台をつくってそりに寝かせて滑らせてあげる。

 

色水を持ってきて、に色を付けて見せてあげる。

 

赤ちゃんとはいえ、

喜ばせてあげるの遊び方ありますよ!!

 

ちなみに私は書いてあること全部しました(笑)

 

 

うちの息子は、滑り台をキャッキャいっていたのと、

に色水が溶けていくのを、

ぼーっと見つめていました(笑)

 

アクションがないと赤ちゃんは楽しくないかもしれません。

一度小さいかまくらをつくってみたのですが、

中に入っても赤ちゃんは喜びません(笑)

 

かまくらはもう少し大きくなってからかな(笑)

 

赤ちゃんとの雪遊び 注意点はなに?

 

前述にもいくつか書きましたが、

まず着用着としては濡れてもOKなこと。

 

そしてお母さんが滑らない履物をチョイスすること。

 

その他の注意点としては、

おうちの前などで遊ぶ場合は、

屋根からが落ちてくる位置で遊ばないこと。

 

 

もし落ちてきたら、

赤ちゃんなんて小さいので埋もれてしまいます。

必ず上部に落ちてくるがないか

チェックしてくださいね。

 

車にも十分注意してください。

の積もっているときの車は

操縦が効きにくいのです。

 

だから思ってもないところに

滑り込んでくる恐れもあります。

 

ですので、車通りのあるところは

避けるようにしましょう。

 

赤ちゃん自身のしもやけも注意しましょう。

特に濡れたままでずっと寒いところにいると

かじかんでしもやけになる恐れがあります。

 

あまり長時間いないようにしましょう。

 

 

赤ちゃんと雪遊びしたいけど雪がない

 

都会の方!または南のほうの方は、

めったにがつもりませんよね。

でもで遊ばせてあげたいな!

というお母さんに朗報!

 

が年中振っている施設があります。

まあ東京ですけども。

 

でも体験できるところは他にもあるので、

ぜひ室内体験を各地検索してみてください!

 

それと、に近い人工というのがあります。

それを買ってきて赤ちゃんに見せてあげるのも

一つの手ですね。

 

でもどちらにせよ、赤ちゃんだと

そこまでするほどのことでもないかも(笑)

二歳、三歳あたりになると反応もあるし、

実際楽しみますし、そのころには防寒グッズも

サイズが出てきていますしね。

 

私の友達の子供は現在三歳ですが、

すでにスノーボードできるんです・・。

かっこいい三歳児・・。

 

なので、大人ののレジャーに

一緒に連れて行って、気分を味わう、

目でをみるだけでも、

赤ちゃんにとっては刺激的ですよね!

 

まとめ

赤ちゃんの遊びは、

結果的にはまだ少し早いかなと思います。

できないのではなくて、

赤ちゃんの反応がいまいち(笑)

 

でもを味合わせてあげることは

いいことだと思いますので、

しっかり防寒をして注意点を守って

安全に遊んでください。

 

あ!うちの息子は生まれた時

が降っていた日だったんですが、

三歳の今、それを口にしたんです!

俺の生まれた日だったぞと。

 

 

一瞬驚きましたが、

よく私が言っていたからだというオチです(笑)