赤ちゃんのお宮参りで必要なものはなに? これだけあれば大丈夫!

赤ちゃんと環境

赤ちゃんが誕生して初めての行事というのがお宮参り

 

思い入れも強いですし、スムーズに行いたいですよね。

 

とはいっても、ママとしても体がまだ産後1、2カ月。

完全に元気な状態とは言えません。

 

赤ちゃんとしてもまだ生まれて1カ月ちょっと。

外にも慣れていないので心配です。

 

特に夏や、冬などになると気温のこともありますので、

体調をまず万全にして、

必要なものをしっかり準備しておいて臨みましょう。

 

今回の記事はそんなお宮参りでの

必要なものを紹介していこうと思います。

 

お宮参りという行事で使う必要なもの

[quads id=1]

お宮参りという行事自体に

必要不可欠なものを紹介しますね。

 

初穂料

お参りする神社にお渡しする謝礼です。

当日ご祈祷を上げてもらうのでその謝礼ですね。

 

相場は5000円から10000円で、

神社で設定されているところもありますよ。

 

きちんとした蝶結びののし袋にいれて、

上段に初穂料または、玉串料と記載。

下の段に赤ちゃんの名前を書きましょう。

 

そして初穂料は両家の話合いで誰が出すかを決めます。

 

下記の祝い着をどちらかが出して、

どちらかが初穂料とされることもあります。

 

ちなみに私は祝い着も初穂料も自分で出しましたけども(笑)

 

祝い着

これは赤ちゃんが着用するものです。

赤ちゃんの礼服とでもいいましょうか・・。

 

昔から言い伝えのある祝い着は、

白羽二重の着物に上から紋が入っているものを

赤ちゃんに羽織らせるスタイルです。

 

男の子は、黒、グレー、白、ネイビーなどで、

柄は虎や鷹や龍などの古典柄。

もし家紋が入っているのであれば父方の家紋が基本です。

 

女の子は、赤、ピンクなどですね。

花柄や毬や蝶などの柄が多いですね。

女の子には紋はいれないとされています。

 

そしてこれを購入となると高いんですよ・・。

でも、七五三などで仕立て直して使えるので

買うのもひとつです。

 

今主流は、貸衣装です。

貸衣装店で借りる方も多いですし、

私は写真館で借りましたよ!

 

写真館で記念撮影を申し込むと、

祝い着を無料で貸し出してくれるところが

今は一般的主流です。

 

他の方法としては、

ベビードレスなどの洋式タイプも見かけますね。

 

お酒など

これは地方によってあるところとないところがありますし、

今は初穂料だけのところが多いようです。

 

ただ、うちは日本酒の一升を納めました。

これはその神社ではけっこう普通だし、

私の実家などもなんかあれば

一升酒をというのがありましたので、

初穂料と一緒に納めました。

 

赤ちゃんやママの体調を考えてあったほうがよいもの

その他お宮参りという行事自体に必要なわけではないけれど、

あったほうが良いものを紹介しますね。

 

ベビーカー

赤ちゃんが寝てしまった時、

すこしどこかに休んでもらいたい時など必須です。

特にママがお着物で参拝しているならなおさら!

 

抱っこ紐や抱っこは着物では辛いです・・・。

もちろん祖父母や旦那さんもいるでしょうが、

みんな礼服なので、ベビーカーはあったほうが安心です。

 

その他赤ちゃんに必要なもの

お尻ふき、おむつ、授乳グッズ、着替えセット、

保険証など赤ちゃんとの外出で必須なものですね。

 

これにタオルがあると安心です。

赤ちゃんは何かとタオルを使うことすごくあります。

それとおむつを入れるためのゴミ袋もあるとよいですね。

 

③お母さんに必要なもの

着物の方は着替えを持っていたほうが良いと思います。

まだ産後日にちが経過していないので、

締め付けにより体調を崩すことも。

念のためすぐ着替えられるようにもっていくと安心です。

 

その他は季節ものですね。

冬であれば防寒グッズ必須でしょう。

夏であれば、着替えを少し増やしたり、

日焼け止め虫よけなどあるといいですね。

 

小さい自動扇風機うちわなども赤ちゃんを冷やしたり、

和服の方を冷やしたりと活躍します。

 

ちなみに私は冬でしたので、

赤ちゃんの靴下、レッグウオーマーなど万全にしました(笑)

そして体調にも少し不安が残っていたので、

和服は初めからやめて洋服での参列にしました。

 

けっこう着込んでいきました。

神社の中も寒かったので対策していって安心でした。

 

お宮参りで大切なことは・・

お宮参りの本当の目的は、

無事に生まれてきたことを神様に感謝することと、

これからの成長を願うことです。

 

もちろんいろんな必要物や、

身だしなみなどあるのですが、

赤ちゃんとママが産後まだ敏感で

体調も万全とはいえません。

 

それに赤ちゃんとの外出なので

イレギュラーもたくさん出てきます。

祈祷中に泣いたり、おもらししたりといろいろあります。

 

それもよき思い出ですので、あまり気をはりすぎず、

神様への感謝とこれからの願いを伝えることと

体調を最優先することです。

 

まとめ

お宮参りで必要なものは、初穂料、祝い着です。

それと外出することなので、

赤ちゃんとの外出グッズと季節的なフォローのものを

もっていくとよいでしょう。

 

赤ちゃんとの初めての行事、思い出に残るといいですね!