赤ちゃんの寝かしつけ、 パパがするとどうなる?任せてよい?

赤ちゃんと環境

赤ちゃんの子育て真っ最中のお母さん、

お疲れ様です。

 

わからないことだらけで、

手探りで必死で頑張っていますよね。

寝る時間も大丈夫ですか?

 

昨今、男性が家事育児に参加することが

少しずつ普通になってきていて、

参加する協力するではなく、

パパ自身の仕事なんだよという理解も

すこーしずつ広まっています。

 

でもほんとうにそうですよね?!

共働きになれば同じ条件ですもん。

 

家事育児なんて報酬のないリスクの大きい大仕事、

大プロジェクトですよ!

 

それに意外とパパのほうが上手な育児あるんですよ。

 

お風呂なんかは、男性のほうが手が大きいから、

赤ちゃんの頭が安定するということで

赤ちゃんも安心して入れるよとか。

 

今回は、寝かしつけについてパパはどんなもんかな?

ということについて紹介してみます。

 

赤ちゃんの寝かしつけについて

[quads id=1]

 

各家庭さまざまなやり方で寝かしつけ

取り組んでいらっしゃるでしょう。

 

そして赤ちゃんによって早く寝てくれる子、

長い時間かかる子、その子によって違いますもんね。

 

子守歌を歌って、抱っこして寝かせることが

多かったのですが、

もう呪いをかけているような歌で早く寝ろーという感じでした。

そうするとなおさら寝ないんですよね(笑)

 

もう自分もこのまま寝てしまおう!

と腹をくくったときには案外あっさり寝られるという(笑)

 

もう私の気持ち読めてるんじゃないか?

とさえ思っていましたもん(笑)

 

でも授乳中のお母さんでまだ夜中も起きる赤ちゃんだと、

本当に睡眠不足で体も限界に近いですよね。

 

そこでパパの登場なわけですよ。

 

パパに寝かしつけお願い!

 

パパに寝かしつけお願い!と言ってみてください。

最初は自分が眠いし無理

もしくは余裕だよとやってあげる

 

眠いし無理なパパ、眠いのはお母さんのほうですよ!

余裕だよのパパ、寝かせてみな、できないから(笑)

 

そして寝かせられないで帰ってきたときのセリフ

「ママじゃないといやなんだってー」

 

おーい!!赤ちゃんまだしゃべれないし(笑)

 

と絵に描いたようにそのとおりになりますからね。

 

そんなパパばかりではないですけどね(笑)

 

そもそもお願いという前に、

パパの担当に初めからしましょう。

たぶん最初が肝心です。

早い段階で寝かしつけはパパ担当にしましょう。

 

パパにお願いするときの、最大の約束として、

諦めない」ということです。

 

その時パパには

「母だったら泣かないわけじゃなくて、

母も最初は泣かれていて、やり方わからなくて、

でも寝かせなきゃいけないからいろいろチャレンジしてみたり、

ネットで調べたりして今にたどりついているわけですよ。

だからパパも最初は泣かれるからそれから諦めないで試行錯誤して!」と

伝えてください。

 

 

母もできなかったのができるようになったということを

お伝えしてあげて欲しいのです。

 

そしてパパなりの方法を見つけてもらいましょう。

 

実際にパパがしている家庭の寝かしつけ方法

 

試行錯誤したひとりのお父さんが割り出した寝かしつけのコツ!

 

手をつなぐなどどこかからだに触れてあげる。

 

これは安心しやすいので確かにありますよね!

 

②ひたすら抱っこして揺れる

③もしくは自分のトレーニングを兼ねてスクワット

 

これ、男性にいいかもしれませんね!

たしかに私も踏み台昇降していたら、

赤ちゃん良く寝ました(笑)

 

オルゴール購入

 

どうやらこれは、お母さんの声には負けると思ったらしく、

購入したそうです。

スマホにもある!と思いますが、

このお父さんの素晴らしいところが、

スマホを持ち込むとみてしまいそうだから

リビングにおいてるとのこと。素晴らしい!

 

あとはこの方もネットで調べて頑張ったそうです。

2カ月近くかかって泣かれなくなったそうですよ(笑)

 

その時間にお母さんは片づけをして、

お風呂に入るとのこと。

そしたら夫婦も一緒な時間に寝られますもんね!

 

パパに寝かしつけを頼むときの注意

 

もちろん、寝かしつけの時の注意を

伝える必要はあるんですよ?

でも、言われたらやる気なくしたり、

嫌だとなる可能性もあります。

 

ママとしては、パパに慣れてもらおうとよかれと

思ってでしょうが、パパからすると んー、

なんか上から目線みたいでいやなのかも。

 

確かにママも義母や母になんか忠告されるの

嫌じゃないですか?

それと同じだと思うんです。

 

だからもっとも重要なことだけ教えて、

あとは任せて自己流でよいと思います。

寝ればそれでいいんだから。

 

ただ、教えてと素直に言ってくるタイプの

旦那様であればどんどん

教えてあげてください。

 

根気強くいきましょう、パパに対して(笑)

 

まとめ

赤ちゃんの寝かしつけは、

パパママどちらでもできるんです。

 

ただ、授乳しながら寝ていく癖がある赤ちゃんは

なかなかパパにバトンタッチは難しい。

 

でもパパがしやすい育児は、

お風呂と寝かしつけじゃないですか?

 

パパも将来、こどもと一緒に話しながら寝るの

楽しみになると思うんです。

だから、赤ちゃんのためあなたのためじゃなく、

パパのためにも

寝かしつけをパパ担当にしてしまいましょう!