赤ちゃんの寝かしつけは何時にして、 どれだけ時間がかかる?

赤ちゃんと環境

赤ちゃんって、寝かしつけの時間がかからない子もいれば、

すごく長くかかる子もいます。

 

私の息子が赤ちゃんの時は

比較的時間がかかるほうだったと思いますし、

背中スイッチがハンパじゃなかった記憶があります。

 

いつも早く寝てくれー早く寝てくれーと

口に出して子守唄にように唱えていました(笑)

 

そう思っている時ほど

寝ないもんなのがまた不思議ですよね(笑)

 

今回はそんな赤ちゃんの寝かしつける時間や

寝かしつけにかかる時間について、

紹介していきますね。

 

赤ちゃんを寝かしつける時間

[quads id=1]

赤ちゃんを寝かしつける時間で一番大切なのは、

何時ということではなく、

毎日一定の時間にするということです。

 

これは起きる、起こす時間も同様ですね。

 

朝6:30に起こし、昼授乳をして13:00に寝かしつけ

そして14:30~15:00の間に起こして、

19:30~20:00の間に寝かしつけ

 

この時間が大切なのではなく、

毎日をルーティン化することが大切です。

 

もう赤ちゃんの時から子供を保育園に預けて

働いているママもたくさんいるので、

夜の19:30とかが早いと感じる方も

いらっしゃるでしょうが、

何をさておいても先に寝かせてから

後で家事をなにもかもやるようにしましょう。

 

子供の睡眠時間の確保は成長にもっとも大切な部分ですし、

毎日同じ時間に寝るというサイクルが

赤ちゃんの体にきちんと染みつきます。

 

そうすることで、幼児になってもサイクルが

きちんとまわるようになっていきます。

 

赤ちゃんの寝かしつけにかかる時間

この赤ちゃんの寝かしつけにかかる時間は個々違います。

 

ただ、初めての子だと比べる存在がいないので、

長いのか短いのかわからず(笑)

でも長い気がして私はネットを調べた記憶があります(笑)

 

やはり長いほうでした!(笑)

だいたい45分~1時間くらいかかっていましたね。

 

今思うとかなり体力があったのではないかと

思っています(笑)

 

うちの息子は昼寝をしなくなるのも

2歳半と早かったんです・・。困った・・。

 

でも、その分昼の動き回りがハンパないので、夜早く寝ます。

そこで睡眠時間は確保していましたね!

 

このルーティンが早い段階で癖つけされていたからか、

寝付くのもずいぶん早く、

今では布団にはいって3分ほどで寝ています(笑)

 

昼寝をしていたころは夜布団にはいっても

30分以上は寝付けない子でした。

おそらく体力が有り余っていたんだろうな(笑)

 

寝かしつけに時間がかかるのって本当にママ苦痛ですよね(笑)

 

家事をしたいのにできないし、

なんなら寝落ちまでしてしまって後悔・・。

 

そうならないためにも、

日々のルーティン化は赤ちゃんの時から癖付けできていたら

ママにとっても良いですよね!

 

赤ちゃんが寝付けないのはなぜ?

赤ちゃんは言葉を発しないので、

なにが寝付けない理由なのかわからないのが

大変ですよね。

 

でも赤ちゃんが寝付けないのは

かならず理由があるそうです。

 

例えば一つとして睡眠環境

暑い、寒い、湿度が高い、乾燥している、

暗すぎる、明るすぎるなどです。

 

背中を触ってみて蒸れていることが

意外とあるんですよ。

赤ちゃんは体温が高いので。

 

乾燥していたりすると喉も不快なんです。

 

ですので、

睡眠環境をまずしっかり整えてあげる事ですね。

それで入眠のスムーズさは結構変わってきますよ。

 

それと単純に疲れていない、

眠くない、時間がずれていること。

 

これは前述したようにすこしずつサイクルを

作っていく必要がありますね。

疲れていないことに関しても

午前の遊び方をもう少し体を使ったものに工夫したり!

 

他には、例えば布団では寝づらい、

抱っこでないと眠れないなど、

癖がついているための寝付きにくさもあります。

 

これも根気よくですが布団に早めに移行させましょう。

 

ついつい早く寝るので抱っこしがちですが、

癖がつくと抱っこでしか寝なくなるので気を付けましょう。

体重が重くなっていくとママも大変(笑)

 

寝かしつけをスムーズに短時間で行えるようになるには?

まず、前述に書いた癖付けを基本とし、

睡眠環境生活サイクルを整えるのがまず大前提ですね!

 

そしてみなさん、「おやすみロジャー」という

寝かしつけの本ご存知でしょうか?

10分で必ず寝かしつけられますと有名になった絵本。

 

私も買ったんです(笑)

 

買って意味がわかりました(笑)

 

あれ、大人も読みながら眠くなるんです(笑)

 

たぶんなんですがからくりが、

小さな優しい声で読んでいて、

あくびの真似をなんども絵本の中でするんです。

 

あくびのまねとかあくびを意識すると

あくびって本当に出ます。

そして眠たい感じになっていく、

その大人の様子で赤ちゃんが眠くなるのではないかと

勝手に推測しています。

 

だから長―い呼吸を耳元でしたり、

寝る真似をしていると寝ていったりしますもんね。

 

まとめ

寝かしつけには個々によりかなり差はありますが、

睡眠環境を整えて、

衣服や布団類も心地よいものにしてあげて、

生活リズムも整ったらあとは寝たふりと

眠そうなフリを大人がすることで完璧!