赤ちゃんの誕生日に絵本を贈りたい!どう思う?

赤ちゃんグッズ

赤ちゃんの誕生日

赤ちゃん本人はなんのことやらさっぱりわからず(笑)

 

嬉しいのと張り切っているのは完全に親だけ(笑)

 

そして赤ちゃんの真似をして、

嬉しいですね~といって自己満足。

まさに私がそれでしたよ(笑)

 

だって、大事な愛する我が子が生まれた日ですもん、

嬉しいですよ、誰よりも(笑)

 

息子は今度四歳になりますが、

3回とも息子より私が喜んでいます。

もうこんな大きくなったのかと涙ぐむ始末ですよ(笑)

 

そして赤ちゃんの時のプレゼント。本当に悩みました(笑)

でも私も実はプレゼントとプラスで絵本を贈りました。

 

今回は赤ちゃんの誕生日絵本を贈ることに関しての

ことを紹介していきますね。

 

なぜ赤ちゃんの誕生日に絵本を贈る?

[quads id=1]

私もなんで思いついたのかな・・。

SNSで上位に上がってきてたような気がします。

 

それに一度頼んだからなのか

ずっとSNSで上がってきます(笑)

 

何がそんなに良いのかって、

その絵本の工夫なんですよ!

 

主人公が自分の子供なんです。

ですので、世界に一つしかない絵本なんです。

 

もちろん名前を子供の名前にして

オリジナルなものでできあがるんです。

もう一生ものですよ!と私は思っています(笑)

 

息子はというとプレゼントしたときは、

見向きもしませんでしたよ?絵本なんで(笑)

 

でも、今になって夜に読み聞かせで読んでと

言ってくるナンバー1の本です。

だって自分の名前が入っている本ですもん、

嬉しいですよね。

 

実は最初にそれが届いたとき私が一番に読みましたが、

泣きました(笑)感情移入しすぎで(笑)

 

というように、他にも種類はあるのですが、

子供オリジナルの世界にひとつの絵本だから

プレゼントしたいと思ったんですね!

 

おもちゃなどもまだこれが欲しいなどの

好みがない赤ちゃんの時だからこそ贈ったんです。

 

2、3歳になると自分の欲しいものが

きっとあるでしょうから。

 

赤ちゃんの誕生日に贈る絵本の種類

上記で紹介したように、

自分の名前を主人公として入れてくれるオリジナルの本が

いくつもあるんです。

 

その内容は、さまざまです。

大きくなったら何になりたいのか?

という類のものだったり、

自分の名前を探す旅に出かけよう

というものだったり。

 

そしてどうやら、

海外ではけっこう贈られるのが

主流なのかも。

英語のそういう贈り物の本、

かなり種類がありましたよ!

 

また、そういうオリジナルではなく、

名前を入れるというのでもなく、

普通に絵本として素敵なものもあります。

 

例えば生まれてきたときの

母の目線の気持ちを書いた絵本

子供のことがどれだけ大事で

愛しているかを描いた本など。

こういうものも誕生日として渡すの

良いなと思います。

 

特に女の子なんかは、

大きくなるにつれ意味がわかって嬉しいのでは?

うちの息子はツンデレなので恥ずかしがりそうです(笑)

 

実際の絵本の題名と筆者紹介

では実際ある商品を題名と

筆者だけですが紹介してみますね!

 

「WONDERBLY」という会社か

ネットサイトですが、

「わたしはどこ?」「ぼくはどこ?」という本です。

 

自分で自分を探す本なのですが、絵もとてもかわいい。

世界に出回っている本です。

これは実は私は購入しました(笑)

 

ウォーリーを探せ!のように

自分を探していく中でメッセージ性のあるもので、

楽しみながら気づきを得られるとても素敵な絵本です。

 

このWONDERBLYにはいくつかそういう絵本が

あるのでぜひ見てみてください!

 

ちなみにネットで名前を入れて

無料でサンプル作れるのでやってみて!!

 

次に

おたんじょうびの絵本」作者は庄司美智子さんです。

 

これは日本の本ですが、

ストレートに誕生日おめでとうが伝わるオリジナル本です。

 

名前、年齢、住所や、友達の名前、お母さんの名前など、

より本当に自分の絵本になっているかのような世界です。

とっても素敵ですよ!

 

これは読み聞かせの時に

本当に語りかけられるように読めるような絵本です。

 

他にも種類はたくさんありますので、ぜひ見てください。

みると欲しくなるんですけどね(笑)

 

プレゼントで絵本をもらった人の口コミ

「わたしはどこ?ぼくはどこ?」のシリーズの口コミは、

 

未来は自分で決められるんだよと

教えられるいい絵本です。

 

みんな違ってみんないいということを

教えられるとてもいい本です。

 

というような声がありますね!

 

「おたんじょうびの絵本」の口コミは、

 

いつも呼んでいる名前で読むので、

絵本だけど思いがこもります。

 

読みながら思いが募って母が涙しました。

 

という声があります。

まとめ

赤ちゃんの誕生日絵本の贈り物はとても良いと思います。

でも、赤ちゃん本人にその良さが伝わるのは

あと2.3年後かな(笑)でも、赤ちゃんの時だからこそ

お母さんが贈ってあげたいという気持ちになるのも

確かです。

 

きっと2、3歳になると本人が欲しいという

自分で選ぶ欲求が出てきています。

ですので一方的に母からのプレゼントとして送れるのは、

もしかしたら赤ちゃんの時が一番かも・・。