赤ちゃん室内での遊びはどんなものがある?

赤ちゃんと環境

赤ちゃんといえども遊びはしたいし、

遊びに反応します。

 

天気が良い日は日光浴をしたり、

外での刺激を味あわせてあげたいけど、

雨や寒い日はおでかけできないので、

室内遊びになりますよね。

 

赤ちゃんの時って、大人は様子をみてても、

あまりわかっていないんだろうなと

思いがちなんですが、

しっかり学んだり吸収したりしているので、

あなどれないんですよね。

 

興味ないだろうからいっかーではなく、

興味を引いてあげることも大切ですよね。

 

今回は、赤ちゃんの室内での遊びについて紹介します。

赤ちゃんの脳は遊びでどう変化する?

[quads id=1]

赤ちゃんの脳というものは、

生き残れる状態の確保を目指すようにできています。

聴覚などは抜群なんです!

自分を守ってくれる人の声は識別できてきます。

 

赤ちゃんには不思議と小さな体の動きを

制御しようとする仕事があるのです。

周囲の状況を把握するための一歩として、

頭部や首をかなりコントロールできてくるんです。

 

だからこそ自然と小さな体を強化してあげる機会を

たくさんあげたいところなんです。

 

具体的にするとしたら、

抱っこ紐やベビーカーに入れすぎず、

素手で様々な姿勢で抱えたり

抱っこしたりしてあげること。

 

たくさん動くほど発達が確かになると言われています。

栄養の一種だと思ってたくさん動かしてあげる

良いとされています。

 

好奇心に従って、自由に動ける空間を作ってあげる事も

良い効果があるんです。

腹ばいにして過ごさせるなどをするだけで

体幹が鍛えられます。

 

そしていろんな物を触らせてあげる。

それで刺激が与えられ、脳の発達にも良いし、

体の発達にも良いんです。

 

ハイハイ前の赤ちゃんの室内遊び

マットやお布団、いろいろなものを敷いて

感触を楽しむことができます。

アレ?いつもと違うなどの感覚は赤ちゃんでも感じます。

 

新聞ぐじゃぐじゃ遊びも手に持たせてしてみてください。

まずはお母さんが目のまえでやってみます。

 

ああいうカシャカシャという音は赤ちゃん大好き!

反応がわかりやすいと思います。

 

あと寝ているところの上になにかぶら下げて見せてあげる。

取ろうとするしぐさなどが出てくると、

興味が湧いていることもわかるし、運動にもなっています。

 

おもちゃは使わなくてもこのように

赤ちゃんとの遊びはいっぱいあります。

 

私は氷に触らせたこともありますね。

超ビックリしたのかギャン泣きでしたけれども(笑)

 

おもちゃの種類でいうと、

赤ちゃんが興味を引く音のでるものが売っています。

私は自分の興味本位で、赤ちゃんが泣き止むマラカス的なものを

振って音のするものを買いました。

 

これ結構買っている人います(笑)

 

確かに泣き止むんですよ(笑)

なので、それを機嫌のいい時に持たせて、

しゃかしゃか振らせて、

私は横でタンブリンを叩いて、

二人で演奏会していました(笑)

 

ハイハイをしている赤ちゃんの室内遊び

段ボールでハイハイ迷路を作ったりして遊んでいましたね。

いろんなものでトンネルを作って

そこをくぐるというのがすごく楽しそうでした!

 

あと、ハイハイ鬼ごっこ(笑)

私もハイハイをして鬼ごっこ

追いかけたり追いかけられたり。

赤ちゃんもやっているうちに

ルールを理解してそうでスゴイと思います!

 

あとはこのころはボールプールがすごく好きだったので、

ボールプールでハイハイをしたり、

そのボールを座って投げ合いっこしたりしていましたね。

 

 

あとは創作のようなもの。

絵具を手に塗って手形ペタンとか!

色彩も伝えながらやります。

手の絵具の感触によく笑っていました。

 

実際に筆を持たせて、

スケッチブックにつけさせたりもしていましたね!

 

うちの息子はどちらかと言えば

体を動かしたり音に興味があったので、

新聞紙を破るとか、柔らかい棒でたたくなどをして

音出しを楽しんでいました。

 

保育園では赤ちゃんにどんな室内遊びをしているの?

やはりお絵かきは外せないそうですよ!

スケールが大きいので、部屋いっぱいに白い画用紙を引く。

そしてどこにでも書いていい状態にしてあげる事で、

ストレスなくただただ描いて遊べますね!

 

あと、調理用のボールや空きペットボトル、

やかんなど音の出る物をならべ、

どれを叩いたらどんな音がするのか

ゲームなどもしているそうです。

 

やはり聴覚はとても発達しているころなので、

存分に味あわせてあげるそうです。

 

やはり五感をフルに刺激してあげることを

遊びには最優先させるそうです。

 

実は私自身の妹二人とも保育士さんなので、

遊び方はたくさん教えてもらいました!

 

なので、保育園などに電話したりして

聞いてみても良いそうですよ!

 

まとめ

赤ちゃんの時は、ほぼ室内遊びといえるでしょう。

でも室内遊びであまり動けないとはいえ、

何もしないのでは刺激がなくて

赤ちゃんの発達に繋がりません。

 

ぜひたくさんの刺激を五感にフルに与えてあげて、

楽しませてあげて、発達を促していきましょう!